HOME > テクニカルガイド > 投込圧力式水位計の使われる場所
テクニカルガイド

投込圧力式水位計の使われる場所

投込圧力式水位計の使われる場所

上水道処理施設

上水道では、広く一般の人が飲んでも健康に悪影響を及ぼしたり、不快にさせたりすることのない水を供給する必要があります。水道の水が無色透明であることが当たり前のように使用していますが、水道の水源である川や湖の水は、濁っていることの方が多いのです。それは水道施設の各段階において水質管理や浄水処理を行い、安全な水を供給しているからです。

下水道処理施設

下水道は人々の生活などにより発生した下水を排除し、生活環境の改善・水質の保全などの基幹施設です。下水処理の基本としては、汚水を清浄な処理水と汚泥成分に分離する(水処理)、分離した汚泥成分を質的に安定させる(汚泥処理)、処理水及び汚泥の資源としての再利用を図るため、加工及び調整する(有効利用)が挙げられます。
下水処理場施設は、各家庭などからの排出された下水を、処理し河川などに放流する施設であり、水質保全のためのもっとも重要なプロセスです。水位計は各処理過程での制御のため、沈砂池の流入渠、ポンプ井、消毒施設の次亜塩素酸ナトリウム槽、河川に放流する前の放流渠などに、数多く使用されています。

マンホールポンプ場

下水道は、生活環境や水質の改善等、環境を守る上で不可欠な生活基盤の一部となっています。その普及は、都市部から複雑な地形や住居が点在している農山漁村部に移行しています。このような地域では、小規模な圧送施設が、自然流下と併用して設置される場合が多くあります。いわゆるマンホールの中に水中汚水ポンプを設置したマンホール形式ポンプ場であり、全国に普及しています。

河川樋門

樋門とは、雨水や水田の水などが川や水路を流れ、より大きな川に合流する場合、合流する川の水位が洪水などで高くなった時に、その水が逆流しないようにする施設です。堤防の中にコンクリートの水路を通し、そこにゲートを設置し、ゲートを開閉することで、堤内地側への逆流を防ぎます。
堤防を分断してゲートを設置する場合は、その施設を水門と呼びます。
水位計は流向計とともに、ゲートの開閉制御のために使用されます。