テクニカルガイド

マンホールポンプ場

下水道は、生活環境や水質の改善等、環境を守る上で不可欠な生活基盤の一部となっています。その普及は、都市部から複雑な地形や住居が点在している農山漁村部に移行しています。このような地域では、小規模な圧送施設が、自然流下と併用して設置される場合が多くあります。いわゆるマンホールの中に水中汚水ポンプを設置したマンホール形式ポンプ場であり、全国に普及しています。
水位計はポンプの制御(起動、停止)信号として活躍しています。通常の制御に投込式水位計、バックアップとして、浮子転倒式レベルスイッチが併用されるケースが多く採用されています。

起伏の大きい地形では、このような圧送ポンプ場が必要になります。

圧送ポンプ場

マンホールポンプ場の構成例

マンホールポンプ場の構成例