HOME > テクニカルガイド > 差動トランス方式投込圧力式水位計とは
テクニカルガイド

差動トランス方式投込圧力式水位計とは

測定原理

差動トランス方式投込圧力式水位計の測定原理について説明いたします。

機器構成

投込圧力式水位計を構成する機器を紹介いたします。構成としては、3点構成(検出器-中継箱-変換器)及び2点構成(検出器-中継箱省略型変換器)となります。

検出器の防泥構造

検出器を測定液内に設置するため、測定液の汚濁状態によって検出器受圧部の構造を考慮する必要があります。

各種変換器

投込圧力式水位計を利用したせき式流量計、水位差測定装置、水位選択装置、さまざまな用途に対応した各種変換器を紹介いたします。