テクニカルガイド

機器構成

機器の構成としては、3点構成(検出器-中継箱-変換器)及び2点構成(検出器-中継箱省略型変換器)となります。

3点構成

検出器~変換器間に中継箱を設置します。検出器の設置場所から変換器の場所が離れている場合や、現場での水位指示が必要な場合はこの構成を選択します。中継箱は、検出器中空ケーブルと変換器側伝送ケーブルの接続だけでなく、ゼロスパンの調整機能を有します。検出器の近傍に設置することで、設置後のメンテナンスがやり易くなりますので、この3点構成をお勧めいたします。

3点構成

2点構成

検出器の設置場所と変換器の設置場所が離れていない場合や、途中経路に計装機器を設置できない場合には、この構成を選択します。但し、中空ケーブルの最大距離は100mとなります。

2点構成