テクニカルガイド

検出器の防泥構造

検出器を測定液内に設置するため、測定液の汚濁状態によって検出器受圧部の構造を考慮する必要があります。
測定対象液に汚泥や汚物、付着性の異物などが多く含まれるとき、これらがベローズ(受圧部)に付着し、測定性能を劣化させるおそれがあるため、ベロフラム(フッ素ゴム製)によりベローズをシールした防泥形構造の受圧部をもつ検出器を使用してください。ベロフラムに受けた圧力をベローズに伝達するために、圧力伝達液としてナイブライン(商品名)を封入しています。

防泥構造の例

防泥構造の例